行政書士の友人が任意売却するようアドバイスしてくれた

行政書士の友人が任意売却するようアドバイスしてくれた

私はかなり高い値段で一軒家を購入し、住宅ローンを組んでいました。
最初の頃は順調に返済出来ていたのですが、景気の悪化に伴い給料は目減りしたせいで、住宅ローンの返済が出来なくなって行ったのです。
売却しても返済できない位のローンが残っており、もう自己破産するしかないのかと諦めかけていました。
そんな時、行政書士をしている友人が任意売却という方法があるから出来るかどうか調べてあげようと言ってくれたのです。
私は藁にもすがる思いでお願いしました。
その後任意売却が可能だということがわかり、友人に手続きをお願いしました。
そしで、少しでも高く買ってくれる人を探し、なんとか相場にかなり近い値段で任意売却することが出来たのです。
もしあの時任意売却していなかったら、自己破産という選択しかなかったでしょう。
行政書士の友人に相談し、任意売却という方法を選んで本当に良かったです。
今は月々少しずつですが、残債を返済しています。

任意売却は競売よりもお勧めです

経済的に行き詰ってしまうと借金の整理をしなくてはいけません。
その場合に住宅ローンで自宅を購入している場合、自宅の売却を検討する事になりますね。

しかし、住宅ローンを借りて購入した自宅の場合、これは住宅ローンを借りている先の銀行に抵当権を設定されているケースが圧倒的多数なので、
銀行の承認を得られないと自由には売却できないのです。
また、売却した所で住宅ローンの残高を一括返済出来るとは限りません。
この様なことにまってしまった場合の売却の事を任意売却と言います。
つまり、経済的に行き詰まった人が借金の整理のため、銀行の承認を得て抵当権が設定されている自宅を売却し、
借金返済の一部に充てると言うのが任意売却と言う事になるのです。
当然、銀行としては普通にローンを払ってくれる方がうれしいのは言うまでもありませんよね。
なので、ローン返済のリスケジュールなど、任意売却に至るまでに様々な対応を取れる可能性があるので、
自宅に住み続けたい場合にはこの様な対策を検討してもいいですね。
尚、任意売却以外には競売と言うものがありますが、
これは売却価格が下がる傾向にありますので出来れば避けた方が良いと思います。
つまり、自宅の売却が避けられない状況になってしまったら、早めに任意売却の決意をして行動するのがおすすめです。