任意売却で親に頼るという手段もアリです。

任意売却で親に頼るという手段もアリです。

家族を持っている大人として1番大切なのは、家族を守ることですよね。
子供がいるなら、尚更です。

時に自分のプライドも捨てて家族の住居や生活を守る必要があります。
借金をしたり職を失ったりして住宅ローンが払えなくなってしまったら、
プライドがどうのこうの言っている余裕なんてありませんよね。

頼れるもの全て頼りたくなるものです。
それが家族を守ることに繋がるからです。
競売にかけられてしまったら自宅を手放さないといけないので家族の住む家がなくなってしまいます。
それを避けるためには任意売却を選択するのがベストなんですよ。

ただ任意売却するのではなく、親に任意売却する方法です。
いくつになっても親からすれば、あなたは可愛い子供です。
両親は十分な貯金を持っています。年金ももらえることでしょう。
事情を説明して可愛い孫のために、任意売却の相談をしてみて下さい。
きっと了解してくれると思います。

大切なのは危機を乗り切ることなんです。お金はまた稼げばいいです。
親に任意売却するということは事実上、親に借金を肩代わりしてもらうことになります。

生活を立て直してから少しずつ両親に借金を返済していけば良いのです。

任意売却をするかしないかの判断基準

住宅ローンの返済が難しくなった場合はどんなときでも任意売却するのがいいと思いますか?

大切なのは住宅ローンの返済を続けていけるだけの収入があるのかどうかという点なんです。

事故や怪我、病気などの一時的な問題が原因であって、
すぐに返済が再開できるというのであれば、任意売却をする必要はありませんよね。

このような場合は、金融機関と交渉し返済スケジュールの調整をするのもいいですよ。

また、収入はあるけど、住宅ローン以外の借金が原因で住宅ローンに回すお金が無いという場合も任意売却は必要無い可能性があります。

その場合、個人再生という債務整理手段を用いて、住宅ローン以外の借金の問題だけを解決する方法もあります。

当面の間、収入の見込みが無いという場合に限っては任意売却がおすすめです。

今までずっとローンを払ってきて、様々な思い出のある住宅を手放すのは悲しいことだと思います。
しかし、金銭的な負担から解放されるというのは想像以上に良い影響をもたらします。

任意売却をして自分の収入に見合った住宅に住むという考え方が大切ですよ。