任意売却に関して検討しよう

任意売却に関して検討しよう

私はまだ自宅を購入していないので、自分がローンを払えなくなるなんてを考えたことがありません。
まして、今の不安定な時代ですからいつ自分の将来がどうなるかなんて分からないです。
もちろんローンを返済できないとわかってお金を借りる人はいませんよね。
しかし、もし万が一の時に私は、競売ではなく任意売却を検討しようと思います。

任意売却の最大の特徴は、競売に比べてより高い値段で自宅が売れるという点ですから、
お金を借りている側からすれば高い値段で売れることに越したことはないです。
もちろん競売のほうが手続きは簡単ですよ。しかし、専門業者を依頼してでも任意売却をするメリットが沢山あるんです。

競売の場合は引越し代金も出してもらうことができませんが、
任意売却の場合は交渉次第によって引越し代金を出してもらう事も可能なのです。
他にもありますが、任意売却をひとつの選択肢として検討することを、考えておいて損はないはずです。

任意売却における費用は債権者に負担してもらえます。

住宅ローンの返済ができないことから、自宅を任意売却する債務者が少なくありません。
ただ、任意売却をするにしても無償でできるわけではないので、諸々の費用が掛かります。
しかし、任意売却をするような人は金銭的な余裕が無いので、
売却に掛かる費用は債権者が肩代わりをしているのが実状のようです。

通常、住宅を売却する時は不動産業者に仲介してもらうため、売却できた時には仲介手数料を支払わなければなりませんよね。
また、登記するための費用や公租公課も必要です。
これらの費用は債権者が肩代わりし、売却代金の中から債権として配分されるようになります。

また、住宅がマンションの場合は、債務者が管理費や修繕積立金などを滞納しているケースも多いので、
そういった費用も債権者が立て替えているケースが多いです。

なお、債務者にとって一番面倒なのが転居ですが、任意売却の処理を円滑に進めるために、
転居費用として、債権者がある程度の費用を負担しているのが一般的です。
また、引っ越しの日程に関しても相談に乗ってもらえますよ。

このようなことから、任意売却では債務者における費用の負担の問題で実施できないということは滅多にないので安心できますね。