仏教の葬儀と音楽葬について

仏教の葬儀と音楽葬について

「仏教の葬儀」は、日本で最も行われている葬儀です。
なんと、日本で行われる90パーセントが仏教関連の葬儀ともいわれています。
しかし、宗派もいくつかの種類に分かれているので、
全て同じ葬儀ではありませんが、基本的な形態は似ていることが多いようです。
このように日本で多く行われている仏教の葬儀ですが、「音楽葬で出来ないか」と願っている方も多いようです。

基本的に、仏教系の葬儀であっても音楽葬は可能なんです。
「仏教の雰囲気」「音楽の雰囲気」が、合うことももちろん大事ですが、まずは音楽葬ができるのかを葬儀社に相談してみましょう。

もちろん、仏教系の音楽葬の場合は、読経中に音楽をかけることはできません。
しかし、その他の部分ではかけることができますので、思ったよりも音楽葬に柔軟に対応してくれることが多いです。

自分らしい葬儀をしたい人が選ぶことが多い音楽葬

意識しなくても音楽をとりいえられていることが多い、葬儀ですが、
とくに音楽を重点的に考えた葬儀が「音楽葬」といっていいと思います。
音楽葬の主な特徴は、お経やキリスト教の賛美歌のかわりに音楽を流すというのです。
また、生演奏で行うこともあり、クラシックなどはいっそう格調高い厳かなものとなるようです。
そのようなことから、無宗教葬儀でも音楽葬としておこなわれることも多いようです。
音楽葬では、いろいろなシーンに合わせて故人のための音楽が選ばれ、故人の個性が出せる葬儀になると思います。
オリジナルを感じることができ故人をいっそう意識できる満足度が高い、葬儀形態の一つだといえそうですね。
「故人の個性が出せる葬儀」、これからもこの音楽葬を行う人が増えてくるのではないでしょうか。