家族葬

家族葬

「家族葬」は、最近注目されている葬儀のスタイルです。

その裏側には、大切な家族や友人を心静かに送りたいという気持ちから、親族と親しい友人のみで心静かに故人を偲びたいという気持ちがあります。
また、ご近所や会社の上司・同僚など義理での参列をさけ、ご近所に迷惑にならないように送りたいという背景もあるようです。
家族葬の一番のメリットは、こうした心温まる葬儀できるということです。
そして、その他にも金銭的なメリットがあります。

葬儀社を選ぶときには、価格以上に担当者の人柄で選ぶことをお勧めします。
家族葬ならば、できるだけ無駄を省くことが出来るので、葬儀の費用を抑えることも可能ですし、
こじんまりとシンプルに行うことができますので、故人とのお別れの時間をゆっくりと過ごすことができます。

では、家族葬はどんなスタイルの葬儀なのでしょうか?
まず、家族葬にこれという決まったスタイルはありません。
一般的には、家族を中心とした少人数で行う葬儀なので、その人数は10名40名前後となります。
葬儀の会場はご自宅で行う方もいれば、市営もしくは公営の斎場葬祭ホールを利用したり、
中には町内会自治会館などを利用する方もいらっしゃいます。

家族葬であっても僧侶などを呼ぶ方もいれば、無宗教の場合、会場に棺を置き、
その周りに椅子を並べて家族や親しい友人たちが棺を囲むような形のスタイルも、最近ではよく見かけるようになっています。

斎場の霊安室に遺体を安置し、その後、火葬場に搬送してお別れとする火葬のみのスタイルも家族葬のひとつの形です。
ただし、火葬は故人が死後24時間経過していることが条件となりますので、
24時間安置している間が故人とのお別れの時間となります。

また、家族葬と似た葬儀スタイルに、お別れ会形式のものもあります。
自宅で行うこともありますが、ホテルやレストランなどを借り、故人の好きだったお酒やお料理などを用意し、
葬儀は親族のみで行い、親しい友人などはお別れ会に参加して頂くことになります。
ただし、会場によっては遺体を安置したり、お線香や献花はダメだとか、
様々な条件や制約があるところもありますので、こうしたスタイルの葬儀を行う場合は、事前の確認が必要です。
※パールが一般的です