家族葬とは

家族葬とは

「家族葬」とは、その名のとおり家族だけで行う葬儀のことです。
ご近所の方や、会社が同じだからということで参列する形式的な葬儀ではなく、
家族やごく親しい知人だけで故人を偲ぶ心温まる葬儀のスタイルとして近年注目を集めています。
家族葬の一番の特徴は、何といっても心温まる葬儀できるということです。
参列するのはごく身近な人だけですから、葬儀の準備に時間がとられることも少なく
故人とのお別れの時間を大切にすることができます。
家族葬は非常にシンプルですので、金銭的に安く抑えることができるということも見逃せません。

葬儀参列の際、お悔やみ語録だけでなく、故人への感謝も伝えましょう。
こじんまりと、ごく身近な人だけで行いたいと、故人が生前に家族葬を希望されていた場合もあります。
そこには、故人が残された家族の為に、葬儀費用の負担を少しでも減らしたいという気持ちもあるでしょうが、
何より最期は家族だけに見送ってほしい、ゆっくりと過ごしたいという気持ちが強いのではないでしょうか。

家族葬には、これという決まった形式はありません。
まさに故人やご家族の希望に応じた形で行われるのが家族葬なのです。
ですので、ご自宅で葬儀を行う方もいれば、市営や公営の斎場葬祭ホールを利用される方もいますし、
中には町内会自治会館などを家族葬の会場にする方もいたりと、さまざまなスタイルがあります。
参列する人数は家族やごく親しい友人だけですから、10名40名とごく小規模です。

葬儀には、僧侶や牧師などを呼ぶ方もいれば呼ばないで、本当に身近な人だけで故人を偲ぶ方もいらっしゃいます。
家族葬のメリットは、「ご近所や会社関係など義理で参列する人がいないため、
身内だけで故人との別れの時間をゆっくりと過ごせる」というだけではなく、
「葬儀の費用を安く抑える」「準備や手配などの煩わしい作業が少なくなる」などがあります。
また、最近では、葬儀さえも省いた火葬のみというスタイルも増えつつあるようです。
特に故人にお世話になった方や故人との繋がりが深い方は家族のお悔やみだけではなく祭壇の前で故人に感謝の気持ちなどを伝える事も大事です。
故人と対面出来るなら直接話しかけてみましょう