出棺葬とは

出棺葬とは

「出棺葬」とは、お通夜を省略した葬儀のことです。
東京では「一日葬」とも呼ばれています。お通夜は家族やごく親しい友人だけで行い、
翌日の告別式には一般の参列者にもご会葬してもらいます。
出棺葬の大きな特徴は、一般の参列者が会葬するお通夜を省略することで、
家族葬と同様、家族やごく親しい友人だけで故人とのお別れの時間をゆっくり過ごすことが出来ます。
ただし、家族葬や直葬・火葬と違う点は、翌日の告別式は行うことで、家族は知らなくとも、
生前、故人が親しくしていた方々にも参列してもらえるということでしょう。
出棺葬を希望される方の多くは、こんな風に考えています。
葬儀を行うときには、常に参列者への配慮を忘れないようにしましょう。

故人が生前に葬儀はいらないと言っていたから
故人が生前、残された家族に負担をかけたくないと言っていたから
宗教にこだわりがない、もしくは無宗教だから
葬儀の費用を安く抑えたいから

では、ここでいう費用を安く抑えるという意味には、どのような内容が含まれているのでしょうか。

お通夜を行わないため、1日分のお布施がいらない
通夜のために親族が宿泊する費用が必要ない
通夜のための料理や飲み物の費用がいらない

など、費用を削ることができます。
ちなみに、出棺葬や一日葬というスタイルは、首都圏を中心に最近になって注目を集めている葬儀です。
そのため、出棺葬の定義については多少認識の違いがあります。
たとえば、インターネットで「出棺葬」「一日葬」と検索してみると、以下のような言葉で表現されています。

一日で行う家族葬
通夜を通夜
告別式として葬儀を失くすこと
遺族や親族で告別式を行う葬儀
お通夜なしの告別式のみの葬儀
通夜を省略し、当日1日だけで葬式と火葬をするスタイル

最近では、直葬や火葬というスタイルもありますが、それでは故人とゆっくりとお別れする時間がないため、
家族葬や出棺葬・一日葬にスポットライトが当たるようになったのです。
ただし、出棺葬で仏式のお経を上げてもらうには、僧侶などの理解が必要です。
なぜなら、本来はお通夜、告別式と一連の流れがあることに本儀があるため、
一日だけの葬儀では受けられないお寺や神社もあるからです。
葬儀の当日は式の進行や確認事項もあって、何かと忙しい時間を過ごすことになりますので、事前の打ち合わせで参列者への配慮について、誰が行うのかなど葬儀担当者との打ち合わせが必要となります。