日頃から心がけたい身辺整理

日頃から心がけたい身辺整理

日々の暮らしの中で、『自分が居なくなったら…』と考えながら整理を心がけている方は、そんなに多くはいないのではないでしょうか。
私も残念ながら、そのようなことを考えながら整理をしたことはかつてありませんでした。
しかし、死はいつ訪れるか分かりません。
いつと分からないからこそ、日々の暮らしの中で意識をもつことが大切なのだと思います。
厚生労働省認定の「葬祭ディレクター」を御存知ですか? 葬祭業者を選ぶ際、とても重要な基準となるはずです。
では、そもそも何故生前に身辺整理が必要なのでしょう。
答えは簡単です。
突然訪れる死や、死が目前に迫った状態の時では、自分で整理することは出来ません。
ですから、元気なうちにやっておこう!と言うことなのです。
沢山の持ち物・人間関係・権利関係…整理することは山ほどあります。
何もせずに突然の不幸にあったら、それらはどうなると思いますか。
もちろん自然に解決されることはあり得ませんから、家族や親戚…誰かしらが行うことになります。
任された方は大変な労力だと思いませんか。
人間生きていれば、色々なものや事柄に囲まれていきます。
増えていく事を抑制するするのではなく、囲まれたものを日々の暮らしの中で整理していくことによって、
もしもの時に継いでくれた人の助けになるのではないでしょうか。
「葬祭ディレクター」には2級試験と1級試験があります。
どちらも実技試験と学科試験があり実技練習や学科の
勉強をしなければ合格できません。又試験を受ける為には、葬儀の経験を数年積まなければ受けられない試験ですから「葬祭ディレクター」を持っていることは安心して任せられる基準になるでしょう。