葬儀のことを考える

葬儀のことを考える

葬儀と言えば、残されたご家族の方々が準備をして執り行うというのが一般的なのかと思います。
この場合、故人の遺志はどうなるのでしょうか。
生前に様々な希望を明確に残していれば、故人の遺志が反映された葬儀が行えますよね。
しかし、伝えたつもりでもご自分のイメージした葬儀と異なってしまう場合もあると思います。
故人となってしまうと、ご家族も最終確認するすべがないので、どうしようもありません。
故人名義の預貯金について知っておきましょう。死亡後は、簡単には引き出せなくなります。
また、実際に葬儀を執り行うのはご家族の方々なので、その方たちの意向もあります。
ご自分の要望が必ずしもご家族と一致しているとは限らないのです。
このことからも分かるように、生前にご自分の意思をご家族とよく話し合い、方向性を共有しておくことが
とても重要ですよね。
では、ここからはご自分の葬儀についてイメージし、ご家族とどのような事を決めておいた方が良いのか
を少し紹介しますね。
生前に葬儀のことなど考えたくない…というのが本音の方も多いでしょうが、ご自分の意思を明確に
伝えておくことが、残された方へのためにもなるので、この機会に押さえておきましょう。
死亡後の預貯金は凍結して場合によっては、1週間ほど引き出しが出来ない事があります。
事前に預金残高の確認と葬儀で使用される金額分は生前に引き出されるとよいでしょう。