神奈川の葬儀

神奈川の葬儀

神奈川では、ほとんどの割合を占めるのが、仏教形式で行う葬儀です。
しかし最近では、宗教の多様化や個人の考え方で、仏教形式以外の葬儀も少しずつ増加しました。
その背景には、宗教に頼ることなく、自分らしく、故人らしく 宗教色のない葬儀(無宗教葬)を望む人が増えているようです。
また、葬儀の規模もまた時代に応じた変化を見せ始めています。
これまでは故人に縁のある人以外にも大勢の参列者を呼んで盛大に行う形が一般的でした。
しかし規模が大きくなればなるほど、人が増え、それだけ新たな費用が発生します。
費用面や、昔のような体裁を重んじたりするようなことがあまりなくなった昨今では、
大規模な葬儀をあげたいと望む人も少なくなってきています。
このような人たちの間では、家族葬や密葬などの小規模な葬儀が選ばれているようです。
その他にも、家族葬よりももっと小規模でかつ簡素なものとして、直葬 という葬儀形式も存在します。
時代が変われば考えも変わり、それによって葬儀の形態も変わっているようですね。