神奈川の葬儀パート2

神奈川の葬儀パート2

神奈川全体の大半を占めているのが仏教による儀式です。最近では、家族葬の増加や宗教に対しての知識不足などで、
必ずしも仏教形式でという断言はできなくなっています。
各宗教に頼らず、故人を思う自由な気持ちで、宗教色のない無宗教葬を執り行う人も増えつつあるようです。
また、葬儀の規模に関しても現代の時代に応じた変貌を見せ始めているのはご存知ですか?
今までは故人と付き合いのある人以外にもたくさんの参列者を招き、盛大に行う形が通例とされていました。
しかし会葬者数が増えれば増えるほど、それに比例して費用が発生しますよね。
費用面や、ひと昔前のような近所付き合いを重んじたりするようなことが少なくなった近年では、
供養=大規模な葬儀では無くなっているのです。
そのような考えの方々の間では家族葬や密葬などと呼ばれる小規模なお葬式が選ばれているようです。
加えてさらに小規模でありシンプルなものとして直葬 という葬儀形式も増えてきています。
時代と共に葬儀に関する考えも変わり、当然に葬儀の形態も変わってきていますね。