東京都下の葬儀

東京都下の葬儀

日本では、近い将来、団塊世代が高齢者になると、60歳以上の人口は現在より1,200万人増えて3,400万人になると予想されています。
高齢化率もどんどん上昇して、5人に1人が60歳以上になるそうです。こうした団塊世代が超高齢化を迎えるにつれて、
葬祭サービスへの需要や関心も高まっていくのではないでしょうか。
最近では、隣人とのお付き合いが希薄になってきている、突然の不幸への精神的、経済的な負担に戸惑いなど、
対処法も分からないままお別れを向かえるケースも増えています。
また、葬儀形体も僧侶を呼ばずに行う無宗教葬や、会葬者を呼ばずに家族だけで行う家族葬など様々な形のものが出てきたり、
密葬や直送など近しい関係だけで行う規模の小規模葬儀が増えてきています。